Juno Reactor

ACTS
TECHNO
TRANCE
ROCK

Juno Reactor(ジュノリアクター)1993年、Ben Watkinsを核にAlex Paterson(THE ORB)らと共に結成。その後も発表するアルバム毎にメンバーを入れ替え、実験的なアプローチで毎回新しい音像世界に挑戦し続け、常にシーンのパイオニアとして君臨し続けている、ダンスミュージックシーンの重鎮。その活動範囲は広く、南アフリカのトライバルバンド、Amampondoを始めとする他アーティストとのコラボレーションや楽曲提供およびプロデュースを行っている。1995年日本でのライブ活動を開始。トランス、テクノファンのみならず、ロックファンをも魅了し続けるサウンドは、映画関係者からの信頼も厚く、様々なサントラに起用されている他、2003年ウォンシャスキー監督から直々の依頼で、「マトリックス・リローデッド」「マトリックス・レボリューションズ」「アニマトリックス」のサントラを製作。2006年7月、この夏話題のアニメーション映画「ブレイブストーリー」でサウンドトラックの製作指揮を担当。80名規模の大オーケストラを起用、大迫力と重量感をもたらす楽曲を製作し、話題となる。今回のツアーではAmampondoに加え、ロック的要素も加味されたセットでのライブアクトに期待は膨らむばかりだ!