KSUKE

DJ
ELECTRO
HOUSE
TECH HOUSE
DUBSTEP

稀に、生まれながらのスターが存在する。人前に立つために生まれてきた希代のカリスマ。KSUKEはまさしく、堂々その ポジションに煌めく新世代のアイコンだ。幼少期から長く育んだ古典ピアノ、海外留学で肌身についたココとは違う色彩の世界、 ベーシストとして青春をぶつけた 思春期時代のバンドライフ、そんな彼が2011年、DJを始め、人前に立った。 彼の生まれ持った カリスマ性、人を惹き付けるオーラの強さは凄まじい。ステージ上の彼は 身体全体でサウンドを弾け鳴らすエネルギーで溢れ、高揚と共にブース内を可憐に跳び上がり、常人には気の遠くなるような眩しさで圧倒する。 彼のプレイ終了時には例外なく、 観客フロアバリアが熱気で崩壊寸前だ。あまりにも鮮烈なKSUKEの登場は、たちまち周囲を虜にし、口々に噂は広まり、SNSがそれを助長した。一晩で世界規模のスターが誕生するこの時代、 KSUKEの輝きに満ち満ちた 異彩を放つ存在は、あっという間に 若者達を中心に全国へと広がったのだった。無論、彼が大舞台から声をかけられるには時間が かからなかった。国内有名DJのフロントアクトを数え上げ、DJスタートから 2年も経たぬ間に海外アーティストのフロントアクト を多数任されるようになった。 その1つ1つがことごとく大成功をおさめ、 高い評価を獲得。彼のステージは地元から全国区、 そして世界へと、駿馬のごとく駆け上がったのだった。この彗星のごとく現れた新世代の強烈なスーパースターに、ワールドクラスの 業界関係者群からも続々と熱い視線が一気に向けられた。誰もが彼を見て大きくうなずいた。 そして期待と興奮は確信へ。世界をステージとするオファーの囁きが続々と飛び交うようになったのだ。皆が騒然とした、2014年6月。世界中のトップスター級DJのみが名を連ねるとを許される夢の舞台、世界最大のDJフェス、“ULTRA MUSIC FESTIVAL”になんと、KSUKEが、新人では異例の大抜擢を果たしたのだ。2014年6月「ULTRA KOREA」、9月「ULTRA JAPAN」と夢に描いていた憧れのステージで、KSUKEは喝采の中、見事な大成功をおさめた。 それはもう、周囲の期待を遥かに上回る圧巻のパフォーマンスだった。会場に訪れていたオーディエンスは勿論のこと、LIVE配信中継で プレビュー していた世界中のオーディエンスの興味が爆発した。 2014年11月、ラスベガスの超名門ビック・クラブ「Light Night Club」から、アジア人として初めてその舞台に立つことを許されるという衝撃的なニュースが業界を席巻した。本場のオーディエンスから厳しい視線を向けられる中、KSUKEはここでもフロアを完膚なきまでに魅了し、大喝采の中で語られる一夜を残したのだ。その噂は一晩のうちに世界を駆け巡り、アメリカでの数々のオファーを瞬く間に勝ち取った。この出来事が、2015年からKSUKEの活動拠点をアメリカに移すことを決定づけた一夜となったのだ。現在は、まさにそのラスベガス名門にして最大のClub、「Light Night Club」を始め「XS Nightclub」でのAvicii(アヴィーチー)との共演、「Beauty Bar」など西海外を拠点に世界各地を飛び回り人気を博す。そして、2015年3月には日本人として初の快挙となるULTRA MUSIC FESTIVALの本場、MIAMI(マイアミ)でWORLD WIDE STAGEの舞台に立った。6月には「ULTRA KOREA(MAIN STAGE)」、 さらには7月の「FUJI ROCK FESTIVAL」「ULTRA EUROPE(MAIN STAGE)」での出演も次々と果たす。また、今年2年目を迎えるULTRA JAPANのメインステージに2年連続で出演が決定するなど、まさに2015年のフェスを 総嘗めにする勢いだ。プロデューサーとしても着実に実績を重ね、2015年3月25日にはWarner Music Japanより1st Albumをリリース、6月にはDIPLO率いる人気ユニットMajor Lazerの大ヒット曲 ”Lean On”のRemixをオフィシャルリリース。全米のラジオで数多くOAされ、またたくまに話題となった。8月にはリミックスを手がけたDropoutの”Slowly”がUSの名門レーベル”BIG BEAT”より世界リリースするなどその勢いはとどまることを知らない。スター誕生という言葉が、これほどまでにふさわしい瞬間に遭遇できることは、一生の中で一度、あるかないかだろう。 この時代に居合わせることができた多くのオーディエンスに、これから始まる全ての瞬間を共有してもらいたい。 技と美と光を兼ねそろえた新世代のスター、KSUKEの活動の舞台は更に大きく広い世界へと続いていく。